伝統あるカップ戦を制するのはチェルシーかアーセナルか!?

伝統のカップ戦決勝は強豪同士の伝統のロンドンダービー。決勝戦の行方はアーセナル対チェルシー

伝統あるイングランドのカップ戦、FAカップの決勝がいよいよ28日に迫ってきました。FAカップは1871年に設立された、世界最古のカップ戦といわれており100年以上の歴史のある大会です。
そんな伝統の大会の決勝のマッチアップは先日リーグ優勝を決めたチェルシーとこちらもロンドンンの名門でチャンピオンズリーグ常連組のアーセナルのロンドンダービーに決まりました。
チェルシーにとっては2冠をかけた戦いでアーセナルにとっては奮わなかった今シーズンの不振を挽回するためにタイトルの獲得に燃える熱い戦いになることは必至です。
今回は両チームの戦力・現状を踏まえてFAカップの決勝の見どころをお伝えしていきます。

新王者として2冠を狙うチェルシーが有利か

昨シーズン10位と不振のままに終わったチェルシーですが、今シーズンはチームが変わったような復活を見せ、序盤から怒涛の13連勝など独走。
少しペースが落ちることもありましたが2位トッテナムの追走を振り切り先日のWBA戦で2節を残し優勝を決めました。
エースのアザール選手や点取り屋のジエゴ・コスタ選手の復調による攻撃力、そしてブラジル代表からダビド・ルイス選手と昨季レスターの奇跡を支えたフランス代表のカンテ選手を新規に獲得し、新指揮官のコンテ選手の戦術がフィットし守備を安定させた今のチェルシーはまさに強い王者といった印象があります。
また出場機会に恵まれなかったFWのバチュアイ選手も先日のWBA戦で優勝を決めるゴールを決め、さらに初先発した前節のワトフォード戦でもゴールを決め好調をアピールしており、選手層にも死角はありません。
リーグ戦、FAカップの2冠を獲得する為にFAカップ決勝はもちろんベストメンバーで挑むことが予想されますので、このまま好調を維持すれば2冠達成の可能性はかなり高いと思われます。
決勝戦で注目したいのはアザール選手、コスタ選手はもちろん、この2人と共に定番の3トップを形成する、スペイン代表のペドロ選手です。
他の2人に比べ得点数では劣りますがバルセロナ仕込みのテクニックとチャンスへの嗅覚を見せ、あらゆるゴールシーンを演出してきました。決勝でも出場の可能性は高いでしょうから彼の得点、チャンスメイクに期待したいですね。

史上最多優勝回数を狙うアーセナル。準決勝同様の粘りを見せることができるか?

エジル選手(ドイツ代表)とサンチェス選手(チリ代表)の勢いが止まらないアーセナル。これがシーズン序盤の評価アーセナルでした。
そのまま優勝争いに絡むと思われていましたが、中盤~後半にかけて失速。特にエジル選手はビッグクラブ相手には存在感が消えてしまいチームは現在プレミアリーグ5位と2節を残しCL出場に向けて1試合も負けられない状況をリバプールと争っています。
CL出場の可能性が残っているとはいえ、今シーズンの戦いはファンの期待を裏切った形となったでしょう。
ドイツのバイエルンから80億円もの移籍金を提示されているという噂もあり、チリ代表の点取り屋サンチェス選手には早くも来シーズンの移籍先の噂もちらついておりクラブの状態が安定しているとは言えない状況です。
そんなアーセナルも準決勝は強豪、マンチェスターCと熱戦を繰り広げ、延長戦120分の死闘の末エジル選手のフリーキックにいち早く反応したサンチェス選手が振りぬきゴール。強豪相手にも粘り強さを見せつけました。
キープレイヤーはなんといっても最近爆発力を取り戻している好調のサンチェス選手でしょう。
1試合も負けられない現在の状況の中ここ3試合で4ゴールとチームを救う活躍を継続しています。持ち前のボールテクニックと得点力を活かしてチェルシー強力守備陣とのマッチアップは非常に楽しみです。
また、若きフランス代表のサイドバック、ベジェリン選手も注目です。
ベジェリン選手の武器はなんといってもその圧倒的なスピードで守備、攻撃の場面ともに活かされています。アーセナルユース出身の生え抜きのベジェリン選手はすでに世界最高峰のサイドバックの一人といわれ、将来が期待される選手ですので、そのあたりに注目して試合観戦してみるのも面白いのではないでしょうか。
他にもアーセナルには負けたくない理由があります。
歴史あるFAカップの中でアーセナルはマンチェスターユナイテッドと並び12回と最多優勝回数を誇ります。
最近でも13-14、14-15と2連覇を経験しておりアーセナルにとっては相性の良い大会になっています。今回優勝すれば単独での13回の歴代最多優勝回数となる為、クラブやベンゲル監督としては全力で取りに行きたいタイトルになるでしょう。
穴のないサッカーでチェルシーが王者の風格を見せるのか?それともアーセナルが意地の1冠で最多優勝チームに立つのかハイレベルな顔合わせに注目しましょう!

欧州サッカーが好き。気になったことを記事にしています。